ストーンズ、ポールらがライブ支援求め英政府へ書簡

  • ポール・マッカートニー

英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズやポール・マッカートニー(78)、エド・シーラン(29)ら英国の人気ミュージシャン約1500人が2日、連名で英政府に音楽ライブ事業への支援を求める公開書簡を発表した。書簡では「ソーシャルディスタンスの終わりが見えず、政府からの財政支援がないため、コンサートや音楽イベント、その業界で働く何十万人もの人たちは先行きが見通せない」と訴え、シャットダウンによって多くの事業が破綻するのを防ぐためには支援が不可欠だとしている。

書簡には他にもロッド・スチュワートやエリック・クラプトン、コールド・プレイらも名を連ねており、彼らの音楽ライブ事業は昨年、英国経済に45億ポンドの恩恵をもたらし、21万人の雇用を生み出していると指摘。現状では2021年までこれまでのように音楽ライブを行うことができない見通しの中、劇場やライブハウスの再開に向けた具体的なロードマップを示すことも求めている。英国では新型コロナウイルス感染拡大の影響で全てのコンサートや音楽イベントが中止や延期を余儀なくされている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)