V6井ノ原主演「特捜9」8話も好調13・2%

V6井ノ原快彦主演のテレビ朝日系ドラマ「特捜9 season3」(水曜午後9時)の8日第8回の平均視聴率が13・2%(関東地区)だったことが9日、ビデオリサーチの調べで分かった。

初回は14・2%、第2回は13・9%、第3回は13・9%、第4回は13・9%、第5話は15・0%、第6話は13・8%、第7話は13・5%。

警視庁捜査一課特別捜査班(通称特捜班)の個性派刑事たちが、事件解決に挑む人気ミステリーの第3弾。06年にスタートした「警視庁捜査一課9係」を前身に、今年で15年目に突入する。

マンションの一室で桜川梨花(小林涼子)が首をつって亡くなっているのが見つかる。部屋は荒らされた様子もなかったが、洗ったままとなっていた洗濯物を確認した小宮山志保(羽田美智子)は自殺に異議を唱える。玄関の鍵はしまっており現場は完全な密室で、偽装自殺が疑われた。

第1発見者は梨花が役員を務めるNPO団体の代表、長谷岡幹子だった。梨花を学生時代から面倒見てきた幹子は、何かがあった時のために部屋の合鍵を持っていたという。話を聞いた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、彼女に疑いの目を向ける。遺体を見つけた際も、梨花と連絡が取れず心配になり部屋を訪問したという。鍵はかかっていたものの、室内から電話の音が聞こえたため合鍵で部屋に入ったという。