NHK麒麟がくる代替の「秀吉」視聴率は9・3%

NHK大河ドラマ「麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル 秀吉」が12日に放送され、関東地区の平均視聴率が9・3%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6月14日に放送された「独眼竜政宗」は10・5%、同21日に放送された「国取り物語」は9・8%、同28日に放送された「利家とまつ 加賀百万石物語」9・0%だった。

「麒麟がくる」は6月7日の放送をもって一時中断し、同14日以降は歴代の戦国大河ドラマの名場面を編成している。7月5日は東京都知事選の開票速報を放送していた。