ライブハウスの意義問う番組 小泉今日子がナレ担当

歌手小泉今日子(54)がフジテレビのドキュメンタリー「磔磔(たくたく)というライブハウスの話」(7日深夜2時55分)のナレーションを担当する。

「磔磔」は、古都・京都で47年間にわたって営業を続けてきたライブハウス。70年代から現在に至るまで、日本や海外のミュージシャンたちが毎晩演奏を繰り広げてきた。

「磔磔」はコロナ禍により、4、5月のすべてのスケジュールを中止・延期し、フードのテークアウトのみで営業。6月からは定員を制限したライブをほそぼそと続けている。

この「磔磔」を7年間にわたって取材してきた、『SWEETHOMETAKUTAKU』という製作途中のドキュメント作品がある。開店した1974年(昭49)から現在までの「磔磔」をめぐる、店主・水島博範さんと息子で二代目の浩司さん、そして数多くのミュージシャンや関係者の証言、数多くのミュージシャンの演奏を記録してきた。コロナ禍を受けてライブハウスの魅力と意義を世に問うために「特別編集版」を地上波放送、期間限定で無料配信する。

細野晴臣、友部正人、泉谷しげる、シーナ&ロケッツ、永井“ホトケ”隆(ウェスト・ロード・ブルース・バンド)、木村充揮(憂歌団)、くるり、怒髪天、フラワーカンパニーズ、騒音寺、キセル、台風クラブなど、数多くのミュージシャンたちが登場する。

小泉はナレーションを引き受けたことについて「信頼する制作者の方が時間をかけて音楽を追ったということにまず興味がありましたし、私は、今、この時代だからこそ、ドキュメンタリーが一番エンターテインメントだと強く感じているんですよね。コロナの影響がすごくあったと思うんですが、歯の浮いたような物語を見る気がしない人が多いんじゃないかな、って思った時に、ドキュメンタリーの強さというのを感じていて。これを初めて見させて頂いたときも、すごくエンターテインメント! とワクワクしたし、泣きそうにもなったし、走りだしたい、という気持ちにもなったんですよ。それが決め手かもしれないです。今ドキュメンタリーを一番信じている、ということでしょうか」と話している。