コロナ感染の矢沢透は「元気」堀内孝雄ら明かす

「アリス」の谷村新司(71)堀内孝雄(70)が、7日放送のMBSラジオ「ヤングタウン金曜」に出演し、新型コロナウイルスに感染した矢沢透(71)について「めちゃくちゃ元気」と明かした。

冒頭で、谷村は「みなさんにもご心配かけて、キンちゃんにもたくさんの応援メッセージ、本当にありがとうございます」。谷村も堀内も、矢沢と電話やメールでやりとりしているといい、堀内は「めちゃくちゃ元気なんですよ」。谷村も「めちゃくちゃ元気な状態で、回復にガンガン向かっているということなんで、またこの番組の中で、キンちゃんの報告もちゃんとしていこうと思います」と話した。

谷村はこの日も矢沢と電話で話したという。「『元気になってきてるよ』って言いながら、バホンバホンせき込んで、『オイオイ』って言ってたら、『ご飯が喉に詰まって』って」と笑わせた。「『飲み込みは慌てないで』と言っておきました」。

「そんな状況なので、ご心配おかけしましたが、キンちゃんはもうちょっとしたら(復帰)できるかも。もうちょっとお待ちください」。堀内も「もうちょっとしたら復帰しますね。あっという間だと思います」と呼びかけた。

矢沢は7月17日夜に発熱の症状があり、20日に医療機関を受診して「かぜかもしれないので様子を見ましょう」と診断を受けた。自宅療養を続けたが症状は回復せず、28日にPCR検査を行い、30日に陽性が確認された。谷村と堀内も大事をとって検査を行ったが、2人とも陰性だった。

7月31日の生放送では、谷村が「現在、症状は軽いようですが、保健所の指導のもと、本日より入院いたしました」とリスナーに報告。「みんなで矢沢の回復を願っていてくださいね」と呼びかけていた。