55歳床嶋佳子は直感で結婚決意「あ、この人だ」

女優床嶋佳子(55)が13日、所属事務所を通じ男性医師との結婚を発表した。

床嶋は初婚。相手男性の年齢は非公表で、再婚となる。婚姻届の提出日は公表しないが、9月の結婚後から同居を開始。結婚式、披露宴の予定は未定という。

所属事務所によると、出会いは今年1月、同じスポーツジムに通う共通の知人の紹介だった。プールサイドで知人と一緒にいる男性を見た瞬間「あ、この人だ」と直感し、床嶋の一目ぼれだったという。

お相手の男性はロマンスグレーのがっちり体形。誠実さや人としての大きさが外見ににじみ出ており、紳士的なところにひかれたという。1人暮らしが長い床嶋だったが、「今では人のために料理をすることが楽しい」などと話しているという。

床嶋は1964年9月23日、福岡県生まれ。バレリーナから女優に転身し、91年フジテレビ系ドラマ「ヴァンサンカン・結婚」で本格的に女優デビュー。内藤剛志主演のテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長」では、内藤ふんする大岩純一の妻・小春を演じている。