WEST桐山照史「運命や」単独初主演は食のドラマ

  • テレビ東京系ドラマ「ゲキカラドウ」に主演する桐山照史(中央)。左は泉里香、右は平田満

ジャニーズWEST桐山照史(31)が、来年1月スタートのテレビ東京系ドラマ「ゲキカラドウ」(水曜深夜0時12分)に主演することが22日、分かった。ドラマ単独初主演を果たす。

劇中では、飲料メーカーに勤める愛嬌(あいきょう)のあるサラリーマン、猿川健太を演じる。大阪から東京へ異動し、「激辛道=ゲキカラドウ」を唱える上司の谷岡和彦(平田満)と出会い、激辛に目覚めていく、新感覚の激辛グルメコメディーだ。泉里香(31)やジャニーズJr.内ユニット「7 MEN 侍」の中村嶺亜(23)らも出演する。

ドラマ単独初主演について、桐山は「不安と言えば不安なんですけど、初めてがグルメドラマでよかったなと思います。バラエティー番組とかで食べるロケをした時に、いろんな方に『食べっぷりいいね』と言っていただけることが多くて」とコメント。「おいしく食べる自信はあるので、頑張りたいと思います。運命やと思っているし、終わって1年後、2年後に『人生のターニングポイントだった』と言えるドラマにしたいですね」と意気込んだ。