CTUオフィスが完全封鎖/「24」第4話あらすじ

テレビ朝日系連続ドラマ「24 JAPAN」(金曜午後11時15分)の放送が第4回を迎えます。日本初の女性首相誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写します。謎が深まっていく第4回放送のあらすじを紹介します。

◇  ◇  ◇

総理候補の朝倉麗(仲間由紀恵)の極秘情報を盗み、CTU(テロ対策ユニット)のカードキーに入れて外部へ持ち出したのは、CTU第1支部A班のチーフ水石伊月(栗山千明)ではなかった。伊月は、潔白を証明すると同時に、A班班長の獅堂現馬(唐沢寿明)から初めて、“麗の暗殺計画”と“CTU内に潜む内通者”の存在について聞かされた。そこで暗号解析係の明智菫(朝倉あき)と共に、暗号化されたカードキーのデータ解読に着手。その一部から、麗と接点のない、ある住所を読み解く。ところがその矢先、第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)がオフィスを完全封鎖する。何と現馬の班長解任を要求するA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)の依頼を受け、内部調査を開始したのだ。しかし現馬はとっさの機転で脱出に成功。カードキーから読み取った住所へ向かう。

麗も夫の朝倉遥平(筒井道隆)から、暗殺計画について聞かされる。しかし、息子の朝倉夕太(今井悠貴)が過去に殺人の罪を犯したという真偽不明の情報を報道しようとするニュースキャスター山城まどか(櫻井淳子)への対処で頭がいっぱいだった。息子のスキャンダルについて何一つ知らない遥平は、妻の様子をいぶかしがる。