ほしのあき「30万円」で詐欺サイト広告塔

 タレントほしのあき(35)が、入札のたび手数料がかかり、問題視されていたペニーオークションのサイト「ワールドオークション」について、落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込み、同サイトの宣伝に関与していたことが12日、分かった。所属事務所によると、友人のタレントに勧められ、アルバイトとして30万円受け取っていたという。同サイト運営者の男らが今月7日に詐欺容疑で京都、大阪両府警に逮捕されている。

 京都府警などによると、ペニーオークションは入札のたび少額の手数料がかかる。今回、運営者が逮捕された「ワールドオークション」のサイトは「最新家電を激安で落札できます」などとうたっておきながら実際は、会員の入札額を自動的に上回るシステム「ボット」やサクラによって、入札のたびに高値が更新され、ほとんど落札できない仕組みになっていた。ほしのは、10年12月27日付のブログに、「プラズマクラスターをオークションでゲット」というタイトルで記事を投稿。新品の空気清浄機を実際は落札していないのに、写真とともに「1080円で落札したの」「すごいよ-」などと書き込み、「ワールドオークション」を利用したと記していた。

 同サイトを運営するネット関連会社役員らが7日に両府警に詐欺容疑で逮捕された。ほしのは同日、京都府警から事情を聴かれた。所属事務所によると、ほしのは、友人のタレント松金ようこ(30)から「30万円あげるから、こういうブログを書いてほしい」と「アルバイト」として書き込みを持ちかけられ、指示された文面をブログに掲載したと説明。サイト運営者とも面識がない状態だったため、松金に教えた口座を通じて現金30万円を受け取ったという。

 ほしのは、ペニーオークションの仕組みについてまったく理解していないと主張。この日、所属事務所を通じて「軽率な行動をして大変申し訳ありません」と謝罪した。担当者は「被害に遭われた方がいらっしゃるので今後の対応や謝罪について、現金や商品の返却も含め検討しています」。また「ブログの内容は本人に任せていたので管理不足でした」と話した。

 松金の所属事務所によると、松金は「私がほしのさんに勧めました」とほしの側が説明している内容を認めており、「アルバイト」についてはワールドオークション関係者やほかの芸能人からではなく「一般の人から話を持ち掛けられた」と説明。「ほしのさんは悪くない。私の軽率な行動でご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪しているという。さらに「自分の口で説明したい」として近く、京都府警に事情説明するつもりという。

 京都府警はほかのタレントもブログなどに書き込んでいた可能性もあるとみて調べている。

 ◆ペニーオークション

 入札のたびに数十円の手数料が取られるインターネットオークション。開始価格が低く、格安で商品を落札できることを売りにしている。小銭という意味もある英国の通貨単位「ペニー」が由来。05年ごろドイツで考案され、国内では09年末から業者が増え始めた。独立行政法人国民生活センターなどによると、10年半ばから「何回入札しても落札できず、手数料だけとられてしまう」などの苦情や相談が急増している。景品表示法に抵触する恐れがある。

 

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング