元毎日新聞局長を追起訴、不正に現金引き出した疑い

  • FacebookMessenger
  • TL

 兵庫県三田市のコンビニの現金自動預払機(ATM)から不正に入手した他人のキャッシュカードで現金計65万円を引き出したとして、神戸地検は1日、窃盗罪で、元毎日新聞大阪本社制作技術局長でフリーライターの藤原規洋容疑者(63)を追起訴した。

 起訴状によると、2015年12月22日、三田市のコンビニ2店舗で、ATMから現金を引き出したとしている。

 藤原被告は10月に三田市で乗用車のトランクにバールを隠し持っていたとして、ピッキング防止法違反容疑で逮捕。11月に同法違反罪で起訴され、ATMからの窃盗容疑で再逮捕されていた。(共同)

  • FacebookMessenger
  • TL