日清シスコが残留農薬でグラノーラ2種類を回収

  • FacebookMessenger
  • TL

 日清シスコ(堺市)は3日、シリアル「1日分のスーパー大麦グラノーラ」シリーズの「4種の彩り果実」など2種類の計31万5000パックを自主回収すると発表した。原料に残留農薬基準値を超える大麦が混入し、商品からも農薬が検出されたため。

 大麦は伊藤忠商事が昨年夏にオーストラリアから輸入した約85トンの一部で、基準値の5倍の殺菌剤「アゾキシストロビン」が検出されていた。食品会社などが最大約40トンを加工して販売したといい、農林水産省は流通先への連絡を急ぐよう伊藤忠に指示している。

 「4種の彩り果実」の回収対象は賞味期限が2018年7月13日~10月14日の商品。もう1種類の「3種のまるごと大豆」は8月24日~10月15日。日清シスコは「毒性が薄く、健康に影響を及ぼすことはないが、万全を期すために回収を決めた」と説明している。

 料金着払いで商品を送れば、600円分のクオカードを返送する。問い合わせは日清シスコお客様相談室、フリーコール(0120)825066。(共同)

  • FacebookMessenger
  • TL