台風20号大雨恐れ 被災地に影響も、警戒呼び掛け

台風20号は21日、日本の南を北東に進んだ。台風から入る暖かく湿った空気のため、台風北側の前線が活発化。西日本から東日本の太平洋側は21日夜から22日にかけて大雨の恐れがある。台風は22日未明には、紀伊半島の南で温帯低気圧に変わると見込まれる。

気象庁は、関東や東北で台風19号の記録的大雨で堤防が決壊したり、地盤が緩んだりした場所では、普段なら災害にならない雨量でも土砂災害や洪水の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

22日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で東海300ミリ、近畿200ミリ、四国、伊豆諸島150ミリ。その後の24時間に東海、伊豆諸島100~150ミリ、近畿、北陸、関東甲信、東北50~100ミリ。

22日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は四国、近畿20メートル(30メートル)、東海18メートル(30メートル)、九州南部、奄美17メートル(30メートル)。波の高さは沖縄6メートル、四国、近畿、東海5メートル、奄美、九州南部、伊豆諸島4メートル。

台風20号は21日午前6時現在、奄美大島の東約290キロを時速35キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。21日午前3時の観測で強い台風ではなくなった。

また強い台風21号は21日午前6時現在、マリアナ諸島近海を時速20キロで北西へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。21日午前3時の観測で強い台風になった。(共同)