マラソン札幌案で小池都知事「IOC説明が変化」

東京都の小池百合子知事は23日、自民党の岸田文雄政調会長と党本部で会談し、2020年東京オリンピック(五輪)のマラソンと競歩の札幌開催案を巡る国際オリンピック委員会(IOC)の説明に変化が見られるとの認識を示した。岸田氏が開催地変更はIOCの決定事項なのか尋ねたのに対し「IOCの担当者は『提案することを決定した』といい、言い方がちょっと変わった」と話した。

猛暑を避けるため、東京開催のままスタート時間をさらに早める案と比較したのかどうか、都としてIOCに質問していることも記者団に明らかにした。

組織委員会は札幌市からの照会に対し、開催地変更は今後のIOC調整委員会で決まることだと回答している。(共同)