卓球水谷隼への恐喝未遂疑いで駒大生ら男女3人逮捕

警視庁池袋署は20日までに、リオデジャネイロオリンピック(五輪)男子シングルス銅メダリストの卓球選手水谷隼(30)から金銭を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで、いずれも東京都世田谷区に住む、駒沢大3年沢野祐輝容疑者(20)、同鈴木瞬容疑者(20)、アルバイトの女(19)の3人を逮捕した。

池袋署によると、鈴木容疑者は「示談金を支払ってもらおうとはしたが、恐喝にはならないと思う」と容疑を否認し、他の2人は認めている。

逮捕容疑は7月25日、共謀し、水谷と女がホテルでキスしたとして、「お子さんも家族もいて有名人なので週刊誌に載ると思います。お金を支払ってほしいと思います」などとLINE(ライン)でメッセージを送信し金銭を脅し取ろうとした疑い。

同署によると、水谷と女は5月ごろ、当時働いていた渋谷区恵比寿の飲食店で知り合った。7月下旬、女と交際していた沢野容疑者がLINEの履歴から2人がやりとりしているのを知り、鈴木容疑者と金を脅し取ろうと計画したとみられる。

7月末に水谷が署に相談し、通話記録などから浮上した。(共同)