フランスで欧州初の新型肺炎感染者2人を確認

フランスのビュザン保健相は24日、パリと南西部ボルドーで、中国・武漢を中心に新型肺炎を引き起こしているコロナウイルス感染者計2人を確認したと発表した。欧州での感染確認は初めて。

ボルドーの感染者は48歳の男性。武漢など中国に数日滞在して22日に帰国し、23日に入院した。ニュース専門テレビBFMはボルドー在住の中国人だと伝えた。パリの感染者も中国を訪れて帰国し、入院したが、詳細は明らかになっていない。(共同)