GoToトラベル延長へ 来春大型連休までの意見も

観光支援事業「Go To トラベル」について、目安として来年1月末までとしていた実施期間を延長する方向で、政府、与党が検討に入ったことが28日、分かった。

新型コロナウイルス感染症による観光業界の打撃は厳しく、引き続き需要喚起を図る必要があると判断した。延長幅は今後詰めるが、与党内からは来春の大型連休までとの意見も出ている。

事業は関連予算約1兆3500億円で、今年7月22日に始まった。予算を使い切った場合は、2020年度第3次補正予算や、既に確保している新型コロナの予備費活用による追加財源の投入を視野に入れている。(共同)