同じ20代女性にそれぞれ乱暴疑い、男2人逮捕

さいたま市内で同じ女性に別々に乱暴したとして、埼玉県警大宮署は21日までに、それぞれ強制性交などの容疑で千葉県市川市、無職渡辺陽太容疑者(24)と、知人の栃木県小山市、職業不詳光山和希容疑者(24)を逮捕した。逮捕はともに20日。署によると、両容疑者とも「弁護士が来るまで話さない」と認否を留保している。

渡辺容疑者の逮捕容疑は2019年3月24日午前2時15分ごろから午前5時10分ごろの間、さいたま市大宮区のカラオケ店で、20代女性に性的暴行をした疑い。光山容疑者の逮捕容疑は、同日午前5時40分ごろ、同区内の路上で同じ女性の腕を引っ張るなどし、その後インターネットカフェで性的な暴行をした疑い。

県警によると、両容疑者は女性と一緒にカラオケ店に入店したという。同日朝、JR大宮駅東口で泣いている女性を見つけた通行人が声をかけると、「東口で男2人に声をかけられ、連れて行かれたカラオケ店でわいせつな行為をされた」と話したため、近くの交番に通報した。(共同)