ボーガン事件の野津容疑者同級生「友達多かった」

家族ら4人がボーガンで撃たれ死傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された野津英滉容疑者(23)を知る同級生らは「高校時代は明るい性格で友達が多かった」と印象を語る。そのイメージと懸け離れた事件が起こったことに戸惑いの声が上がっている。

関係者によると、野津容疑者は宝塚市立中学から同県三田市の私立高校に進学。さらに神戸市内の大学に進んだ。

高校で同じクラスだった男性会社員(23)は「誰とでも分け隔てなく優しくして、女子からも人気があった」と話す。校則で禁じられているヘアワックスを付けて先生に注意されたり、仲間とミニバイクで走ったりしたことはあったが、怒っている様子などは見たことがないとしている。

授業を受け持ったことのある高校校長も「元気で普通の子。丁寧な言い回しが大人びていて、自分の考え方をしっかり持っているようだった」と説明。「本人に何があったのだろう」と困惑していた。(共同)