山本太郎氏「応えるべき」籠池泰典氏の参考人招致

 自由党の山本太郎議員は15日の参院予算委員会で、森友学園の理事長を務めた籠池(かごいけ)泰典氏と稲田朋美防衛相との関係をただす中、「虚偽答弁は記憶違い(と言い)、(財務省は)書類はすべて破棄(と言う)。どんだけ無敵モードなのか」と、声を荒らげる場面があった。

 「ここはどこだ。国権の最高機関だ」と指摘。「最高機関らしい質問をしろ」とのやじを受け、「自民党に言われるとは思わなかった。勉強になります」と、皮肉まじりに切り返した。

 その上で山本氏は、委員会を仕切る山本一太委員長に対し、「証人、参考人を呼ばないなんてあり得ない。全体的に、時間切れを狙っているんでしょう」などと主張。その際「(今後)籠池氏が逮捕され、長期拘留で口封じされる可能性がある」「そういう恐れがある中、まずは国会で話をしてもらうように進めてほしい」と、委員会運営への注文を訴えた。

 山本氏が籠池氏の逮捕の可能性に言及したことから、山本委員長は「不適切と思われる言葉があったとの指摘があった。議事録を見た上で、適当な処置を取りたい」と言及。

 山本氏は「籠池氏を犯罪者と決めつけたのではない。もし逮捕で口封じがされたら問題なので、国会は(野党が)ずっと前から参考人招致を要請しているので、応えるべきだ」と、参考人招致に及び腰の与党をけん制した。

おすすめ情報PR

社会ニュースランキング