警官襲撃容疑者父は関テレ常務取締役の飯森睦尚氏

大阪府吹田市の千里山交番で古瀬鈴之佑巡査(26)が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で飯森裕次郎容疑者(33)が逮捕されたことを受け、飯森容疑者の父親が17日、コメントを発表した。父親は、大阪市北区の関西テレビ常務取締役、飯森睦尚(むつひさ)氏(63)であることが分かった。

睦尚氏は「まずもって、重大なけがを負わせてしまった警察官の方、及びご家族様に対し、心よりおわび申し上げます」と謝罪。「1日でも早く回復されることを心から祈っております」と、古瀬巡査の回復を祈り「地域の方々をはじめ、多くの皆様にも不安を感じさせることとなりました。大変申し訳ありませんでした」とコメントした。

一方で「このような事態となったことについて、大変驚いており、いまだ信じられない気持ちがありますが、今後の警察の捜査にも全面的に協力する所存でございます」と、当惑している現在の心境も吐露した。

文面の最後には「令和元年6月17日 飯森睦尚」と記した。

睦尚氏は事件があった16日に、警察が公開した防犯カメラに写った男と息子が酷似していると警察に名乗り出ていた。関西テレビによると、睦尚氏は警察に相談した後、16日のうちに同局へ「警察が公開している写真に息子が似ているので、捜査に協力している」と報告したという。

飯森氏は14年より現職に就任。同局では2日後の19日に株主総会を控えている。

その他の写真

  • 飯森裕次郎容疑者が寝ていた箕面市の山中のベンチ(撮影・松浦隆司)