徳島・宍喰川河口 72cmヒラスズキがゴツンと来た

  • FacebookMessenger
  • TL

<ソルトウオーターFISHING>

増水パターンでヒラスズキを狙おうと台風20号が通過した先日、夕刻に徳島・宍喰川の河口へ入った。下げ潮の動きだしにフローティングミノーでヨレを狙うと午後9時すぎまでに54、72センチがヒット。72センチはコンディションが良く、ロッドを絞り込んで暴れるスリリングなファイトだった。引き続きベイトを追うグッドサイズが河口エリアで期待できる。

増水時は上流から流されてくるベイトを捕食しようとヒラスズキが河口に集まってくる。午後7時半すぎ、宍喰川の河口に到着。状況は大潮で満潮が午後6時前。ヒラの警戒心が薄れる乳白色の濁りも入っており、条件は最高だった。

潮が引き始めたタイミングでキャストを開始。狙うのは、ヒラが定位してベイトフィッシュを待ち受ける流れのヨレ。さっそく流れにルアーを漂わせるイメージで攻めていくと、いきなりガツン。明確なアタリが来た。フッキングを入れると、なかなかの重量感。

だがファイトを始め、引き寄せにかかるとフックアウト。掛かりどころが悪かった。ヒットした付近を重点的に攻め直すと数投目、再び、ガツガツと反応が来た。しっかりルアーを食い込むまでリトリーブを続け、ロッドのティップにテンションが乗ったタイミングでフッキングを入れヒット。手応えは小型のヒラ。元気にエラ洗いをして抵抗するが一気に引き寄せる。サイズを測ると54センチだった。

大潮なので、潮がどんどん引きだすと流れがきつくなっていく。チャンスタイムは残りわずか。流れのヨレがなくなりだしたので、手早く攻め、流れのタイミングを計りながらキャストを繰り返すと、ゴツンといい感触のアタリが来た。

フッキングを入れるとヒット。エラ洗いをする姿はまさしくグッドサイズ。バレないでくれと慎重に応戦。流れに乗って底へ突っ込む締め込みをかわしながら徐々に寄せるが、手前まで来ると激しいエラ洗いと突っ込みで暴れ、なかなかランディングできない。

慎重にファイトし足元にずり上げたのは、70センチアップの良型で、グッドコンディションのヒラスズキだった。その後は、潮位が下がり、ヒラのステイするポイントがなくなったので、午後9時すぎに納竿とした。【日刊FPC・長井淳】

【今後の見通し】これからも、まとまった雨が降るとチャンスだ。秋が深まるにつれ、落ちアユなどのベイトフィッシュも多くなり、数、型ともに期待できる。

【交通】徳島市内から国道55号を南下。海陽町宍喰に入り「ホテルリビエラししくい」前を通過。宍喰大橋の手前を右折。坂を下ると宍喰川河口。車は有料駐車場へ。

  • FacebookMessenger
  • TL