和歌山・有田川 太アユ42匹猛烈アタック堪能

<アユFISHING>

野アユの猛アタックに大興奮! 和歌山・有田川の二川ダム上流へ13日、出掛けた。午前8時半すぎから清水橋上流の消防署前の瀬に入ると、残りアカの好条件で入れ掛かり。オトリを止めると激しいアタリで次々に目印を飛ばしてくれた。午後からは同橋の下流で岩盤の竿抜け狙いが的中し、グッドサイズが連発。午後3時までによく肥えた16~22・5センチを42匹追わせた。数、型ともに申し分のない友釣りだった。

午前8時半すぎ、清水橋の上流にある消防署前の瀬に入った。水位はやや高めで濁りなし。流芯のアカはとんでいるが、左岸(足元)の筋にはアカが残っていて、いかにも掛かりそうな感じ。さっそく瀬落ちの開きから探っていく。

アカが残っている筋にオトリを送りだし、ラインを少し張って、大きめの石の前で止めるとグルグルギュイーン。目印が対岸に吹っ飛んだ。慎重に掛かりアユを浮かせ、タモに飛ばしたのはスイカのような香りが漂う19センチ。追い星くっきりの追い気満々のアユだった。

オトリを素早く交換。次は釣れた石から少し上流に引き上げて、止めるとガツーンとヒット。手元にまで響く強烈なアタックで竿が絞り込まれる。流れに乗って走る野アユについていき、3メートルほど川を下って引き抜いたのはバッチリと背掛かりした21センチの良型。

そしてこの後がすごかった。次々に残りアカを止めながら探ると、縄張りアユがいれば一発で飛びかかってくる感じ。あまりにも追いが強くて恐ろしいぐらい。引きも強烈で面白すぎる。昼前まで夢中で釣り続け17~21センチの満足サイズを26匹。1カ所でとどまらず次々に別の残りアカを攻めることで釣果を伸ばした。

午後からは、同橋の約300メートル下流の深瀬へ入った。ここは、手前が小砂利で右岸は岩盤になっている。木が生えていて、少し釣りづらいところを狙うと竿抜けだったようで入れ掛かり。オトリが岩盤の際に届いた瞬間、目印がスパーッと引き込まれ、掛かりアユが一気に下流へ突っ走る。

竿のタメで応戦し、瀬脇に誘導してから引き抜いたのは体高のある22・5センチ。続けてオトリを岩盤ぎりぎりにこすりつけるようにコントロールすると20~21センチが7連発の入れ掛かり。雨が強まった同3時までに16~22・5センチを合計42匹追わせたところで納竿とした。残りアカに付いた縄張り意識が強い野アユの強烈な追い、引きを堪能した。【日刊FPC・下田成人】

【今後の見通し】梅雨明けも間近。これからベストシーズンを迎える。水量も十分にあり、照り込みが続けば、サイズがさらに良くなり数釣りも期待出来るだろう。魚影が濃いので終盤まで十分に楽しめそうだ。

【問い合わせ】有田川漁協。【電話】0737・52・4863。森谷オトリ店【電話】同・26・0005。年券1万800円、日券3240円。

【交通】阪和道の有田ICを有田・金屋方面へ出て、信号を左折。県道22号、国道424号、同480号を経て清水方面へ。三田トンネルを抜け、少し走ると清水橋周辺に出る。

その他の写真

  • ぼってり肥えた良型のアユがそろった