兵庫・尼崎の武庫川尻 51cm抱卵チヌの引き満喫

  • 筆者の釣果
  • 大チヌのパワフルな締め込みを楽しむ野呂瀬さん

<波止 FISHING>

産卵前の大チヌを狙おうと先日、兵庫・尼崎の武庫川尻へ釣友の野呂瀬成宣さん(神戸市)と釣行した。「久保渡船」(日刊銀鱗倶楽部加盟店)の船で早朝からフェニックスという波止に渡り、フカセ釣りで挑戦。午前中は2枚潮に悩まされたが、午後から北風がゆるんだ一時に食いが立ち、2人で迫力満点の魚体をした42~51センチを5匹仕留めた。ずっしりとロッドに重みが乗るこの時期ならではのパワフルな引きを楽しんだ。

午前6時すぎ、フェニックッスへ渡り、西向きのやや北寄りに入った。潮は見た目には、ほとんど動いておらず、ベタなぎ状態。とりあえず、セオリー通り、波止際のスリットに居着いているチヌを狙おうと、竿1本沖までをほぼベタ底のタナで丹念に探ってみた。

しかし、5Bのウキに反応が出たのは最初の数投だけ。その後はエサ取りのカサゴが掛かっただけで1時間ほど探ってもチヌらしき反応はまったくなし。そこで、ポイントを竿5~6本沖の深場へ変えてみた。

ところが沖を流れる潮は大阪湾特有の2枚潮になっており、これに拍車をかけるように北風が吹きつけ、刺し餌とまき餌を同調させることが難しく、午前中はノーヒットに終わった。

それでも、正午すぎ、北風が弱まり、潮が神戸方向へゆっくり流れ始めると状況が一変。べた底のウキ下4ヒロでエサ取りのアタリが出始めた。魚釣りは潮次第。チャンス到来とばかりにウキを感度がよく、的確に底をとらえられる棒ウキ(1号負荷)に交換。竿2本沖を流れる潮筋に仕掛けを投入した。

すると、刺し餌のオキアミが海中になじむと同時に棒ウキのトップがチヌの食いをとらえ、ピクッと動いた。反射的にビシッと合わせるとガツーンとヒット。重量感のある衝撃が手元に伝わり、竿が大きくしなる。

これは間違いなく大チヌの手応え。慎重に竿を操作し、ガンガンガンと頭を振る荒っぽい引きをかわして水面に浮かせたのは、ぼってりとした迫力満点の抱卵チヌで測ると51センチだった。

続けて同ポイントへ仕掛けを投入。まき餌をウキの前後にたっぷり打ち込むと、棒ウキがスパーッと海中へ引き込まれ、42、47センチが立て続けにヒット。釣友の野呂瀬さんも47、48センチを仕留め、2人で大チヌのパワフルな引きを満喫した。

だが、1時間ほどで再び北風が強く吹きだすと、刺し餌とまき餌が同調しなくなり、粘り強く探り続けたが、追加はなく午後3時前に納竿とした。

【問い合わせ】久保渡船【電話】06・6416・0807。渡船料金大人2400円、女性2200円、高校生2000円、中学生1600円、小学生1200円。1番船は午前5時に出船(天候、季節によって変動)。エサ、仕掛け常備。最終の迎え午後5時(同)。

【交通】阪神電車の武庫川駅下車。国道43号の下をくぐり、南へ進むと左側が同渡船。渡船場まで送迎あり。車は大阪から国道43号で武庫川手前を左折。南下すると同渡船。