荒尾聡「もったいなかった」機力生かせず3着/飯塚

<飯塚オート:共同通信社杯プレミアムカップ>◇特別G1◇最終日◇22日

地元のエース荒尾聡(38=飯塚)は3着だった。2周回からは青山周平と鈴木圭一郎を追う流れになった。先行2車が重なる厳しい展開で、何もできないまま周回を重ねる形に。「エンジンは申し分なく余力がありありで、少し悔しい3着だった。もったいなかった。スタートと展開ミスですね。序盤で(鈴木)圭一郎に抜かれたのが痛かった」。

機力を生かせず後悔が残った。