望月一成、予選2着でも仕上がりの良さを実証/大垣

<大垣競輪:ヤマコウカップ・日刊スポーツ杯>◇F1◇初日◇6日

前検日に「直前練習の感じがすごくいい」と話していた望月一成(23=静岡)が、予選7Rでその言葉を実証した。追い上げ先行の望月は正攻法の伊藤成紀に突っ張られたが、激しいもがき合いの末に力でねじ伏せた。マーク加藤圭一にかわされて2着となり「踏み直しもできたのに粘れなかった」と悔しがったのも、仕上がっている証拠だ。準決7Rも山賀雅仁を連れてハナを切る。