nikkansport.com @ mobile

サッカー

熱血秋田塾

エースは中島、信頼されボール集まる/熱血秋田塾

  • FacebookMessenger
  • TL

<サッカー国際親善試合:日本3-0コスタリカ>◇11日◇大阪・パナソニックスタジアム吹田

この一戦を見る限り、新生ジャパンのエースは中島だ。能力が高いわけではない。スピードもそれほどない。技術が突出しているわけでもない。パワーもない。それでも、ほとんどの決定機が中島から生まれた。仲間から信頼されているから、ボールが集まる。

日本対コスタリカ 前半、ドリブルをみせる中島翔哉(撮影・江口和貴)
日本対コスタリカ 前半、ドリブルをみせる中島翔哉(撮影・江口和貴)

南野が点を決め、堂安のプレーで場内が沸いた。2人が心地よくプレーできたのは、中島がいたから。2人とも自分のタイミング、好きなシチュエーションで力を発揮する。中島は、自分の望む展開でなくても、我慢してリズムが作れて、味方が好むタイミングを演出できる。自分でもゴールを狙うキック力がある。

この日、ピッチに立った誰よりもレベルの高いプレーを見せていた。このまま伸び続けると、新生日本代表は「エース中島」が定着していくだろう。その一端を十分見せてくれた。(日刊スポーツ評論家)

 ◆秋田豊(あきた・ゆたか) 1970年8月6日、名古屋市生まれ。愛知高―愛知学院大を経て93年鹿島入り。4回のリーグ優勝などに貢献。98、02年W杯日本代表。名古屋、京都を経て07年に引退。10年京都、12年町田の監督を務める。J1通算391出場、23得点。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

  1. 岡田武史オーナーのFC今治、来季J3昇格ならず
  2. 新潟、来季こそJ1 16位終戦も伝統復活の兆し
  3. J1昇格ない町田へ“ゆがんだ激励”相馬監督は苦悶
  4. 大分が史上初のJ3からJ1、鈴木うれし泣き感無量
  5. J昇格逃し岡田武史氏「立ち止まらない」経験を糧に
更新