代表強化の難しさ/ザック一問一答

 日本代表は、フランス(12日)ブラジル(16日)との親善試合2連戦に向け、現地で合宿をスタートした。アルベルト・ザッケローニ監督(59)は、パリ郊外のホテルでインタビューに応じた。

 -日本は急成長を遂げていると話していますが、順調に強化が進めば、W杯でどの位置まで到達できると思うか

 ザック監督

 それぞれの試合にストーリーがあり、それを全て読み切ることはできない。1つ言えることは、いい戦いはできる。不確定要素があまりにも多いが。W杯でどういう状態で臨めるかなど。サッカーで(結果が)早めに分かっていれば、もう少しtotoで(金銭的に)潤っているのではないでしょうか。

 -代表の強化で難しいことは

 ザック監督

 香川にしても代表から離れれば、クラブに戻ってファーガソン監督の戦術でやることになる。(布陣で)後ろにエブラ、前にはファンペルシーがいる。そういう状況で、また代表に来るのは2カ月後。おのおの、クラブでは監督の指示も仲間の特徴も違う。そこに難しさがある。

 

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新