岡田武史氏、監督業引退へ 今後は今治の経営に集中

 サッカーW杯で2度、日本代表を指揮した岡田武史氏(61)が「監督業」からの引退を決めていたことが8日、分かった。日本代表、Jリーグの監督就任に不可欠な資格、日本協会(JFA)公認S級コーチライセンスを返上したことが判明。W杯は日本が初出場した98年フランス大会と16強入りした10年南アフリカ大会、Jリーグでは横浜時代の03、04年に連覇した名将が去る。後進に道を譲り、会長を務めるJFL・FC今治の経営に軸足を置く。

 日本で最も実績ある「岡田監督」が第一線を退く。まだ61歳と若く、世界ではここから脂が乗るとも言える年齢だが、日本代表、Jリーグの監督を務めるのに必要なS級ライセンスの更新を見送った。13年に中国・杭州緑城の監督を退いてから現場と距離を置いてきたが、正式に引退する。資格だけ維持しておく指導者も多い中、異例のS級“返還”。覚悟の表れだった。

 ◆公認S級コーチライセンス 日本協会が認定する指導者資格の最上位。男女の日本代表、Jリーグの監督に必要となる。岡田氏は95年の初代認定者の1人。最新(16年度)S級保持者は450人。その下にA~D級。キッズ、GK、フットサル資格もある。C級以上は研修会と指導を通して所定の期間内にリフレッシュポイントを獲得することが必要で、ポイントが満たない場合や登録料(S級は年間1万円)を納付しないと失効する。岡田氏は自ら登録抹消手続きを進めた。