空席あるのに当日券完売 天皇杯3回戦観戦できず

富山県総合運動公園陸上競技場で14日に行われたサッカーの天皇杯3回戦、ベガルタ仙台-カターレ富山戦で空席があったにもかかわらず当日券が完売してチケットが不足し、一部のファンが観戦できない事態が起きていたことが22日、分かった。

富山県協会関係者らによると、芝の席などを除いた会場の座席数は1万5410人。14日は過去の実績などから約1000枚の当日券を用意し、残りはインターネット上や富山の試合会場で前売りしたが1万枚以上が余ったという。入場できなかった観客数については不明。