名古屋フィッカデンティ監督「スピリット見られた」

<明治安田生命J1:広島1-1名古屋>◇第27節◇28日◇Eスタ

名古屋グランパスはフィッカデンティ監督就任後の初戦。押し込まれる時間が長かったものの、1-1で引き分け「勝ち点を挙げることは絶対にやらないといけないこと。スピリットを見られた。褒めたい」と選手の踏ん張りをたたえた。

前節までの直近3試合で計10失点と崩れた守備の立て直しが急務だった。新監督は「前線の選手も守備から動いて、走り切ることでディフェンスの形がうまくいく。分かってやってくれた」と、まずは収穫を口にした。