東京U23、J3リーグ戦参加辞退 場所確保が困難

FC東京は5日、J3のU-23(23歳以下)チームが参加を辞退することでJリーグの理事会で承認されたことを発表した。主な理由はスタジアムの確保が困難なため。

都内で使用できるスタジアムには限りがある中で、新型コロナウイルスの影響で今後、Jリーグ以外の団体も同様に日程が集中するとみられる。

東京の大金直樹社長はクラブを通じ「16年シーズンから育成型クラブとして育成スピード、ボトムアップを目的にU-23チームを編成してJ3リーグに参加させていただきました。今シーズンが最終年でありましたが、上記理由により辞退をさせていただくことになりました。新型コロナウイルス感染症の影響でさまざまな競技の日程が変更となる中、スタジアム確保について困難なことから、無念ではありますがこのような判断をいたしました。引き続き、育成型クラブとして立ち止まることなく前進していきたいと考えております。このタイミングで辞退することになり、J3各クラブ及び関係するみなさまには大変なご迷惑をおかけすることになりましたことを心よりおわび申し上げます。最後に、4年間と短い期間でしたが、J3参戦にあたってはJリーグの関係者のみなさま、そして参戦を承諾いただきましたJ3の各クラブの関係者のみなさまに感謝申し上げます」などとコメントした。