J2徳島の藤原コロナ陽性、症状安定も感染経路不明

J2徳島ヴォルティスは6日、MF藤原志龍(19)が、新型コロナウイルスの陽性反応を確認したと発表した。2日午前にチーム練習に参加し、その後、午後5時すぎに38度の発熱があった。翌3日から自宅待機となり、PCR検査を受けていた。

クラブ側によると、症状は安定しており、今後は病院で経過観察を行う見通しという。感染経路は不明。

チームは選手、関係者50人を対象にPCR検査を実施。7日にも検査結果が判明するという。

8日にホームで開催する長崎戦は、現時点で実施する方向。

岸田一宏社長は「感染予防対策を徹底し、藤原選手自身も練習以外、自治体から発せられる懸念先への行動もなく、新型コロナウイルス感染予防対策に留意してきた中での罹患(りかん)となり、あらためて感染リスクはどこにでも潜んでいると強く実感しています」とコメントした。