横浜朴PK戦無心セーブ「ゼロックス杯経験生きた」

  • PK戦で札幌を破り、駆けだす横浜イレブン(共同)

<YBCルヴァン杯:札幌1(4PK5)1横浜>◇準々決勝◇2日◇札幌厚別

横浜F・マリノスがPK戦を制し、準決勝に駒を進めた。殊勲はGK朴一圭。北海道コンサドーレ札幌の5人目、福森の右へのキックを見事にセーブし「無心だった」と安堵(あんど)の表情で語った。

2月の富士ゼロックス・スーパーカップではPK戦で敵味方が9人連続で失敗する珍しい展開になり、ヴィッセル神戸に屈した。挽回を期したPK戦で輝き「ゼロックス杯の経験が生きて、落ち着いて1本止めることに集中できた」とうなずいた。