ヒデ、ツネ様に「下の世代の指針に」

 昨季限りで引退した元日本代表DF宮本恒靖氏(35)の引退試合が16日、神戸市内のホームズスタジアムで開催された。

 この引退試合にサプライズ出場した元日本代表MF中田英寿氏(35)が16日、同世代の仲間へのコメントを寄せた。

 昨夏に急逝した松田直樹さん(享年34)への思いも込めたメッセージになった。

 「マツとツネ(宮本氏)とはU-15世代からずっと一緒にやってきた仲間なので、マツとは残念な形で別れてしまったけど、こうやって引退試合をちゃんとやれたということは、自分たちの世代の終わりといったら変な言い方ですが、良かったと思います。今日の試合は02年W杯メンバーも多かったし、マツの時も多かったのですが、少しでも一緒にプレーすることができて良かったです。彼(宮本氏)は同世代の優等生なので、何をやっているかは注目されるだろうし、他の選手よりも下の世代の指針になると思います。後輩が目指すことのできる人になってくれたらいいと思います」。

 試合では日本代表が04年アジア杯を制した時のメンバーを中心に編成したチームで出場。MF本山へ現役時代を思い出させるキラーパスを出すなど、会場を沸かせた。

 

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

    更新