nikkansport.com @ mobile

サッカー

日本、15年以降のクラブW杯開催立候補へ

  • FacebookMessenger
  • TL

 日本協会が、15年以降のCWC開催地立候補を検討していることが16日、分かった。現在決まっていることは、13、14年にモロッコで開催されることだけで、来年中の国際サッカー連盟(FIFA)の理事会および総会で、15年以降の開催地が決まる可能性が高い。

 来日中のFIFAブラッター会長は、15日に都内で開かれたCWC夕食会で「明日の決勝戦は、当面、日本で開催される最後のCWCになる」と“当面”を強調しながらスピーチしたという。リップサービスの可能性もあるが、CWCのメーンスポンサーのトヨタ自動車が日本企業であることや、大会の安全面、過去の実績などを総合すれば、日本開催は、FIFAにとっても安心できるカードだ。

 今大会は準決勝までの集客が思わしくなく、1億円以上の赤字が予想される。FIFAの補填(ほてん)額はわずかで、ほとんどが日本協会負担になる。赤字を抱えても、CWCを開催することは、今後日本開催を目指す女子W杯や将来の男子W杯開催へのアピールになることは間違いない。世界に対し、昨年3月11日の大震災からの復興アピールにもつながるため、日本協会はCWC開催地に、再び立候補する可能性は高い。

 

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

  1. イニエスタ覚えた日本語は「あつい」/一問一答
  2. 森保新監督26日誕生へ、関塚氏「進めていきたい」
  3. 首位松本は戦力ダウンで厳しい?/J2見どころ
  4. 西野監督「目標8強明確に」タレント揃う黄金世代
  5. 吉田麻也「ハッパ掛けていた」植田の海外移籍を歓迎
更新