nikkansport.com @ mobile

サッカー

札幌ありえない弟分U18に1-4惨敗

 札幌は17日、札幌ドームサブグラウンドで弟分の札幌U-18と練習試合を行い、1-4で敗れた。前節16日のリーグ仙台戦のベンチ入りメンバーを主体に、トップチームから若手7人とU-18の4人が入った混成メンバー。センターバックを務めた櫛引は「混成チームでコミュニケーションが難しかったのもありますが、プロとしてあり得ない。屈辱的でした」とはき出した。

 前半3分にMF荒野が先制点を挙げたものの、同30分に追いつかれた。後半に入っても動きは鈍く、13、14、17分に立て続けにゴールを奪われた。練習マッチとはいえ、現在5連敗中でリーグ最下位に低迷するチームを象徴するような試合展開だった。

 若手選手にとっては試合出場に向けた絶好のアピールの場になるはずだった。U-18選手の混成とはいえ、4失点の大敗に村田達哉コーチ(39)は「遊びじゃない。仕事なんだ。おまえら試合に出たくないのか」と一喝。ふがいない結果に、激しい口調で奮起を促し続けた。DF小山内は「練習からゲームをコントロールしないと良い試合もできない。リーグ戦にまだ出場していないので、下手なりに絡んでいきたい」と前を向いた。【黒川智章】

  • mixiチェック

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

  1. G大阪パトリック「感謝しか…」お別れ会に600人写真あり
  2. 清水カヌ、2戦連続先発濃厚 日本は「もう慣れた」写真あり
  3. 長友にカズ流祝福「たまには銀座へ行きましょう」写真あり
  4. 蘭移籍の堂安へ宇佐美助言「通訳つけない方がいい」写真あり
  5. 札幌きょう柏戦 連敗脱出へ横山「スピードで対抗」写真あり