香川にトルコ1部フェネルバフチェが食指と地元紙

トルコ1部ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司(30)を、同じイスタンブールに本拠地を置くライバルのフェネルバフチェが獲得に乗り出してきたと、18日付のトルコ・アスポル電子版が報じた。

フェネルバフチェは来季の去就が不透明の香川を追跡していると報じた。トップ下の選手獲得を目指しており、移籍後8試合3得点と活躍している香川は補強ポイントに合致するという。現在所属するベシクタシュとはライバル関係だが、したたかに強奪を狙っていると報じた。

ドルトムントから加入している香川とベシクタシュの契約は、今季終了までの期限付き移籍となっている。また、ドルトムントと香川の契約が20年6月まで。ドルトムントにとって来季終了後での放出は移籍金を得られないため、今夏に期限付き移籍ではなく、完全移籍での放出を望んでいるという。

同電子版がベシクタシュが香川を完全移籍で獲得することは厳しいと伝えた。これまでトルコのメディアは、ベシクタシュが香川の残留を望んでおり、ドルトムントから完全移籍での獲得を目指していると報じてきた。だが、ベシクタシュは選手への給料未払いなど金銭で問題を抱えており、今季トリノから期限付き移籍で加入しているセルビア代表MFリャイッチを完全移籍で獲得した場合、香川への移籍金を捻出することは厳しいだろうと伝えた。

(オルムシュ由香通信員)