権田が最終節で移籍後初出場 2失点ほろ苦デビュー

<ポルトガルリーグ:ブラガ2-0ポルティモネンセ>◇17日◇ブラガ

ポルティモネンセGK権田修一が最終節のアウェーでのブラガ戦で移籍後初のフル出場を果たしたが、2失点して0-2で敗れデビュー戦を飾ることはできなかった。

4月19日のアウェーでのセトゥバル戦から4試合連続でベンチ入りしていたが、リーグ最終戦でついに先発出場。しかし、前半12分、スルーパスで左サイドを崩され、マイナスの折り返しを中央からフリーでMFシャダスに右足で流し込まれて先制を許した。その後は意表を突かれたロングシュートに冷静に対応し、シャダスの強烈な左足ミドルシュートをはじき飛ばすなど好セーブを見せていたが、後半11分にFWディエゴ・ソウサにPKを決められ2失点目。ほろ苦いデビュー戦となった。

ブラガMF安西海斗はベンチ入りしなかった。

ブラガは21勝4分け9敗の勝ち点67で欧州リーグ予選圏の4位。ポルティモネンセは11勝6分け17敗の勝ち点39で暫定11位。