本田圭佑「得点数にこだわってない」/入団会見3

【アーネム(オランダ)21日=エリーヌ・スウェーブルス通信員】オランダ1部フィテッセに加入した本田圭佑(33)がクラブ施設で入団会見を行った。練習後、グレーのシックなスーツに着替え、ネクタイを締めて登壇。英語と日本語で、テレビカメラ5台、約20人ほどの報道陣に丁寧に対応した。

質疑応答の一部は次の通り。

-東京五輪はどこが特別なのか

東京で五輪をやるっていうことですかね、はい。すいません、なんかそれぐらいでしか、期待したこと言えないですけどね。東京で五輪じゃなかったら目指していなかったと思います。

-東京五輪でプレーして自身が与えられるものは

大きな影響を与えることができるんじゃないかなと思って、それを目指して今、頑張っています。

-フィテッセが求めたものは

まず、すぐに欲しがってくれたということと、僕自身もすぐにプレーする機会が魅力的に感じたというところの、目先の冬までのニーズでお互いが合ったのかなと思います。というのもフィテッセは今、けが人がいる。それも絶対に彼(スルツキー監督)のチームの問題としてあったと思いますし。当たり前ですけれど、僕ぐらい経験があってフラフラしてるやつというのは、なかなか市場を探してもいないんで。いろいろピンポイントで、彼らが求めるもの、ポジショニング、経験みたいなものは。攻撃的な選手で、経験豊富で、かつオランダで以前プレーしていて、半年プレーしないとはいえ、プレーさせてもそれなりにやってくれるだろうという期待感はあるんでしょうね。それを満たしてあげないと、彼らは満足しないんで、僕はもう、しっかり頑張りたいなと思います。

-このチームでの目標は?具体的な数字は

全然ないですね。1試合ずつ、全部勝ちたいという気持ちでやりたいなと思います。ある程度、ポジションが……。ま、どこをやるか分かりませんけれど、プレースタイルを変えてるというのは事実ですし。得点数に関しては全然こだわってないですね。