バルサBの安部裕葵がクラブ合流、2月に右足を手術

スペイン2部のバルセロナBに所属する安部裕葵(21)がクラブの練習場に復帰したと、バルサの公式サイトが伝えた。

2月に右足を負傷して手術、日本でリハビリをしていた。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、スペインへの入国が遅れていたが、ようやくバルセロナ入り。同サイトは「治療の最終段階」としている。安部は今季公式戦20試合に出て4得点。