ビリャレアル久保「全員がトップレベル」一問一答2

  • 入団記者会見でユニホームを披露し、ビリャレアルに移籍した久保建英

10日にレアル・マドリードからビリャレアルへの1年間の期限付き移籍が決定した日本代表MF久保建英(19)が現地時間の11日正午、ビリャレアルのホームスタジアム、エスタディオ・デ・ラ・セラミカ内で入団会見を実施した。またメディアの注目も大きく、約30名の報道陣が集まった。

久保は昨季のマジョルカでのプレーを振り返る映像が流された後、スペイン語で「まず何より、この素晴らしいチームの一員になれたことを嬉しく思っています。1度プレーしたことがありましたが、このピッチをしっかりと見たばかりで、とても素晴らしいと感じました。練習場も同様に素晴らしいですね。チームのことをできる限り助けることができたらと思っていますし、個人としてもチームとしても素晴らしいシーズンにできることを願っています」と挨拶した。

その後、ビリャレアルの選手として最初の記者会見に臨み、報道陣の質問に答えている。

-パレホやコクランなど、さらなる補強が噂されていることについて

久保 この後、誰が入団するかは分かりませんが、ここにいる人たちのことは知っています。全員がトップレベルの選手ですし、ビリャレアル戦が最も苦しい試合のひとつでした。そこで毎週プレーできることは、モチベーションが上がります。

-30クラブからオファーが届いていたと報じられたこと

久保 報道のいくつかは本当で、いくつかは違います。他のオファーはありましたが、ビリャレアルからのオファーが最も素晴らしかったので、僕は今ここにいます。

-将来的なレアル・マドリード復帰の可能性

久保 ビリャレアルについてのみ考えており、それ以外のことは考えていません。ビリャレアルのために100%尽くしたいと思っていますし、素晴らしいシーズンを送れることを願っています。

-ウナイ・エメリ監督に説得されたのは本当か?どんなことを話したか?

久保 例えば昨日会った時なんかはいろいろとチームのことだったり…。でも監督もチームに来て日が浅いと思いますし。そこら辺はお互いに知っていこうねって感じで、非常にフレンドリーな会話などもしてもらって。まあ、監督だけでなく、だいたい今日とか来ていた選手とかも話はできているので、思ったより早く馴染めそうかなと思います。

-電話をもらったか?

久保 そこのところはちょっと内緒で。

-ビリャレアルのチームカラーの黄色について

久保 まだ本当に練習着1回しか着ていないので分からないですけど、自分の色に染めていけたらいいかなと思います。

-シーズンの目標

久保 チームとしての目標がやっぱり、上を目指しているチームだと思うので、あまり大きなことは言いたくないですけど、できるだけ上の順位でフィニッシュして、なおかつ欧州リーグでも結果をしっかりと残せたらいいかなと。

-得点やアシストなど、数字的な今季の目標は?

久保 とりあえず試合に出ることが一番だと思うので、キャンプなどで。具体的なものはまだ何も決まっていないかもしれないですけど、しっかり自分の能力だったり、特徴をアピールして、まずは試合に絡んでいくことが大切なのかと思います。

-マジョルカで克服した課題は?

久保 さっき会長もチラッと言ってはくれていたんですけど、経験というのが一番大きいかなと。スペインの1部に慣れたというのが大きなアドバンテージになるかと思います。

-2年目の課題

久保 今回、かなりビッグクラブでのプレーだと思うんですけど、そこでやっぱり能力の高い選手と競いながらたくさんのものを得れると思うので、また一回り。昨年とはまた違ったところでも成長できたら。例えば攻撃面なんかでも。成長はしていると思いますけどより磨きをかけて貢献していけたらなと思います。

久保は会見後、小雨の降る中、スタジアムのピッチに出て、ユニフォーム姿をお披露目し、報道陣の前でポーズを取った。(高橋智行通信員)