マラドーナ氏が監督務めたヒムナシアのコーチが辞任

25日に死去したディエゴ・マラドーナ氏が監督を務めていたサッカーのアルゼンチン1部リーグ、ヒムナシアのコーチが辞任したと27日、ロイター通信が報じた。同クラブは「われわれが理解している決定で、マラドーナ氏とともにうまく連携した人間性を示している」と声明で述べた。

コーチのセバスティアン・メンデス氏は、マラドーナ氏が11月上旬に入院して以降、チームを指揮していた。(共同)