競歩20キロ世界王者鈴木 東京五輪は50キロで

陸上男子20キロ競歩で世界記録を持つ鈴木雄介(富士通)が当面は50キロで2020年東京オリンピック(五輪)を目指すことが16日、関係者の話で分かった。

14日の日本選手権で50キロに初めて本格挑戦し、3時間39分7秒の日本新記録で優勝。代表入りの条件を満たした50キロで今秋の世界選手権(ドーハ)に臨む。鈴木は主戦場としてきた20キロでは同選手権代表入りが絶望的な状況。50キロでの出場については迷っていたが、五輪の出場権獲得を優先して決断した。五輪代表に決まるメダルを獲得した日本人最上位を逃した場合は、20キロも視野に入れて選考レースに挑む方針。