ニッカン名言集(^。^)

投手がサインに首を振ることがあるが、バッテリーの考えが一方通行になってはいけない

山田久志

2016年オリックス春季キャンプ 山田久志臨時コーチ(左)にほめられた伊藤光
2016年オリックス春季キャンプ 山田久志臨時コーチ(左)にほめられた伊藤光

アンダースローのレジェンド山田久志。オリックスの前身・阪急で284勝を挙げた大投手がオリックスの臨時コーチを務める。2016年、春季キャンプで捕手・伊藤光(現DeNA)の〝迷い〟を感じ取った。課題はリード面にあると自覚している伊藤。「山田さんから見て(私を)どう思いますか」。間髪入れず「自分の色を出して、こういう捕手だと分かってもらいなさい。投手がサインに首を振ることがあるが、時には絶対にこの球でいくんだという意思表示をしたらいい。バッテリーの考えが一方通行になってはいけない」と説いた。阪急黄金時代を築いた大黒柱、最強サブマリンの目は、潜望鏡のように鋭く選手を見つめている。

(^o^)

<プロ野球・2016年2月9日掲載>

日刊スポーツが取材、掲載してきた記事コンテンツから、各時代を象徴的に生きたヒーロー、ヒロイン、それに関わった人々の名言を取り上げます。毎日更新します。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新