トゥーベイが優勝、2位入部 TOJ京都ステージ

<自転車:NTNプレゼンツ2019ツアー・オブ・ジャパン>◇第2戦・京都ステージ◇20日◇京都・けいはんなプラザ周回105キロ◇曇り、22度◇来場者4万7000人◇自転車月間推進協議会主催、日刊スポーツ新聞社後援

エイデン・トゥーベイ(チーム・ブリッジレーン)が2時間41分25秒で優勝した。

タイム差なしの2位に入部正太郎(シマノレーシングチーム)が入った。

個人総合時間もトゥーベイが2時間44分21秒で首位に立った。

京田辺市にある普賢寺ふれあいの駅をスタート、16・8キロを6周してけいはんなプラザ前にゴールするコースで争われ、トゥーベイが入部とのゴールスプリントを制した。

◆トゥーベイの話「今日はとてもタフなレースだった。でもコースはとても素晴らしいと思った。今回初来日でこのようなレースに参加できてうれしかった。前半逃げていたのは強い選手ばかりで、その中にうまく入り込めてレースを進められたので、勝つことができた」