殿堂入りに岡田美智子ら4人 渋野日向子は特別賞

  • 優勝した岡田美智子(92年撮影)

日本プロゴルフ殿堂は23日、都内で会見し、第8回顕彰者4人と、渋野日向子に特別賞を贈ることを発表した。今回殿堂入りが決まった4人は、活躍、功績を残したのが、1972年以前(男子ツアー制度施行前)の「レジェンド部門」で2人、73年以降の「プレーヤー部門」で2人だった。

「レジェンド部門」は、日本プロなど通算15勝で台湾出身の謝敏男(しゃ・びんなん、79)と、日本オープン優勝や全米オープンで日本人初のメジャー予選通過を果たした中村兼吉(故人)が選ばれた。「プレーヤー部門」は、通算10勝で50歳312日でのツアー最年長優勝も記録している岡田美智子(75)と、02年に欧州シニアツアー賞金王に輝いている海老原清治(70)が選出された。

昨年のAIG全英女子オープンで、樋口久子以来、42年ぶり2人目のメジャー制覇を果たした渋野は、特別賞に決まった。特別賞が贈られるのは、13年の全米プロシニアで優勝した井戸木鴻樹に次いで2人目となった。