バド桃田ら賭博関与認める「規約違反」五輪絶望的

 バドミントン男子シングルスでリオデジャネイロ五輪の有力なメダル候補だった桃田賢斗選手(21=NTT東日本)らが国内の違法カジノ店で賭博をしていた問題で、日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は7日、日本オリンピック委員会(JOC)に桃田選手を五輪代表に「推薦できない」との見解を示した。同選手のリオ五輪出場は絶望的となった。

 五輪代表は各競技団体がJOCに推薦し、正式決定する。バドミントンは5月5日発表の世界連盟のランキングで決まるが、世界ランクで4位から2位に上がった桃田選手は代表入りを確実にしていた。

 桃田選手は、同じく賭博をしていた2012年ロンドン五輪代表の田児賢一選手(26=NTT東日本)とともに8日午後に東京都内で記者会見する。

 遠征先のマレーシアから7日朝に急きょ帰国した両選手は、NTT東日本から聞き取り調査を受け、賭博への関与を認めた。

 プロ野球巨人の野球賭博問題や、元プロ野球選手の清原和博被告の薬物問題など最近のスポーツ界の不祥事は、アマチュア競技にも広がった。

 日本協会は7日に銭谷専務理事ら幹部が対応を話し合い、10日の緊急理事会で両選手の処分を協議することを決めた。同専務理事は「金額の大小にかかわらず、一度でもやったということは重大な規約違反」と厳しい姿勢を示した。海外遠征中の代表チームのスタッフに調査票をメールで送るなど調査に乗り出したほか、8日には両選手に聞き取りをしたNTT東日本から詳細な説明を受ける予定。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新