宮原知子、股関節疲労骨折で4大陸とアジア大会欠場

 フィギュアスケートの宮原知子(18=関大)が、左股関節の疲労骨折により16日開幕の4大陸選手権(韓国・江陵)と23日開幕の冬季アジア大会(札幌)の国際大会2戦を欠場することが7日、明らかになった。

 日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長によれば、前日6日に宮原サイドから連盟の小林芳子強化部長に辞退の連絡があったという。診断は全治4週間。手術は予定しておらず、平昌五輪の出場枠をかけた世界選手権(3月29日開幕、ヘルシンキ)に向け、回復を待ち調整する見込みだ。

 また、この日欠場する宮原の代わりに、4大陸選手権に本郷理華(20=邦和スポーツランド)、冬季アジア大会に坂本花織(16=神戸FSC)が出場することが発表された。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新