仙台に卓球“虎の穴”世界トップ級指導で五輪目指す

  • FacebookMessenger
  • TL

 卓球の有望株が集う“虎の穴”が仙台にある。男子世界ランク6位の張本智和(15=エリートアカデミー)や、五輪女子団体で12年ロンドン大会銀、16年リオデジャネイロ大会銅メダル獲得の福原愛(29)らを輩出した仙台ジュニアクラブの選手たちが通うのが、仙台市内にある「張本卓球場」だ。張本兄妹の両親でコーチの宇(ゆ)さん、凌(りん)さん夫妻が16年8月に開設。幼稚園年長児から中学3年生までの30人が日々、練習に打ち込む。凌さんが「いつかここからオリンピック選手が出てくれれば」というエリート養成場に、潜入した。【取材・構成=神稔典】

 張本卓球場の玄関を入ると、仙台ジュニアクラブの選手たちが獲得した団体優勝トロフィーや盾がずらりと並ぶ。凌さんは「この20年間で集まった全国大会、県大会での団体優勝トロフィーは100個以上」と明かした。飾り切れない分は倉庫で大切に保管されている。2階が練習場で、広さ約200平方メートル。そこに卓球台が6台設置されている。午後5時ごろ、学校を終えた小中学生たちが集まり、練習が始まる。

 同卓球場に通う小学生21人中、11人が全国大会出場を決めた。凌さんは「中学生を含めた全体でも半分以上は全国レベルの選手」と言う。コーチを務める宇さんは男子ジュニア日本代表コーチ、凌さんは95年世界選手権の元中国代表選手。世界トップレベルの指導者から指南を受け、初級者から上級者まで、高い志を持ちながら切磋琢磨(せっさたくま)している。

 今年1月から孫雪(そん・せつ)さん(26)が新たに指導者として加わった。主に張本美和の指導にあたるが、その“スパルタ指導”の様子を見て周りの選手も刺激を受ける。昨年1月、張本智和に憧れて入った浅野和磨は「妹の美和選手も本当に強くて尊敬している。こんな環境で卓球ができて幸せ」と笑顔を見せる。そして、卓球を始めて9カ月後に仙台市内の新人戦中学2年の部で優勝。「最初はラリーもできなかったのに、凌さんが優しく教えてくれたおかげ。僕も智和選手みたいに世界で活躍する選手になりたい」と目を輝かせた。

 すでに定員はいっぱいだが、同卓球場に通いたい子どもたちのために週1、2回ほど「オープン教室」を開いている。土日はキャンセル待ちになることもあるほどの人気ぶり。凌さんは「毎日の練習が大切。地道に努力すれば絶対に強くなれる」と、夢見る子どもたちの背中を押した。

このニュースの写真

  • 張本卓球場の玄関には、これまで仙台ジュニアクラブの選手たちが獲得してきた団体優勝トロフィーが飾られている
  • FacebookMessenger
  • TL