イルカショー開会式、国際連盟から非難 セーリング

  • FacebookMessenger
  • TL

日本セーリング連盟の河野博文会長は11日、ワールドカップ江の島大会の開会式で披露されたイルカショーが、国際連盟に問題視されたことを受け「イルカの扱いは国、個人によって考え方が違う。不快な思いをされた方がいれば、おわびしたい」と述べた。開会式は9日に神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館で行われ、イルカがジャンプする演出が一部の外国選手から疑問視された。海外では野生のイルカやクジラを保護する動きが広まっており、河野会長は「センシティブな問題ということを認識するべきだった。慎重さを欠いた」と反省した。日本連盟によると、事前に開会式の内容を国際連盟に説明していなかった。

国際連盟は11日に「残念に思う」などと非難する声明を出した。同連盟によると、開閉会式の内容は事前に承認を得る必要があったが、大会実行委員会側からの連絡はなかった。海の自然環境を保つ観点から「こうした展示を容認しない」とし、関係者に再発防止を求める方針を示した。

  • FacebookMessenger
  • TL